4スタンス理論


スイングタイプは4種類


あこがれのプロゴルファーをマネしてもうまくならないかもしれません。血液型と同じようにゴルフのスイングは4種類のタイプに分かれます。

人間には生まれつきの足裏の重心位置により得意な動きがあり、「前足を軸に運動」するタイプと「後足を軸に運動」するタイプ。「肩腰をねじる」タイプと「胴体をツイスト」するタイプ。この組み合わせで4種類のスイングタイプに分かれます。これは4スタンス理論に基づき考えられているものになります。


あなたはどのタイプ


子供の頃に徒競走で腕を左右に振りながら走る子。また一方で腕を上下に振りながら走る子もいました。これが本能的に出る動作であり、生まれ持った身体特性の違いです。


自分らしさ


「ゴルフスイングは100年前からこういうものだ」という考えも正しいと思います。そこに自分なりの味付けをして、再現性が高まればラクになるのでは?その味付けこそが「身体特性=スイングタイプ」です。


動画でわかる4スタンス理論


タイプの診断方法

タイプ別リードする腕の違い

タイプ別スイングプレーン

 

タイプ別正しい肘の位置

 

スイングを作る3つの線

 

タイプ別クラブヘッドの通り道


レッスンについてはコチラ