スイングタイプとは?


スイングタイプで何が変わる?


いわゆるゴルフレッスンではモデルスイングがあります。指導者が理想とするスイングのことです。長年に渡り習ってもマネができない、そんな方も多いはずです。ではなぜマネができないのでしょう?

a1type a2type

b1type b2type

 

上のイラストを見てください。フィニッシュのカラダ使いが異なります。このように自分がラクな動きにカラダは勝手になりたがるのです。つまりモデルスイングが求めている動きがラクではない場合は、上達がそこで止まってしまうのです。

 


指導メソッドは4スタンス理論


「体重移動は意識しなくてもよい。タメも意識しなくてもよい」これが正しい人がいることをご存知ですか?4スタンス理論では、人間の体の動かし方には決められたタイプというものがあるとされています。

 

トッププロと言われるプロゴルファーの方がこんな経験をしました。

ある世界ランクNo.1の選手のスイングをマネをしたくて一生懸命にスイングのカタチを作りました。カタチをマネできたのだから結果も出るだろうと思ったところ、飛距離は落ちるし体も痛い。自分には合わないスイングタイプだったのです。ナチュラル・イズ・ベスト。自分にとって不自然なカタチはトッププロでも結果はでません。


4スタンス理論についてはコチラ